いきものがかり  ほっちのささやき  HOTAKA YAMASHITA'S BROG
 
RELEASE

New Album
『My song Your song』

2008年12月24日発売
ESCL-3146/¥3,059(税込)

【収録曲】
1.プラネタリウム
2.気まぐれロマンティック
3.ブルーバード
4.スパイス・マジック
5.かげぼうし
6.帰りたくなったよ
7.message
8.Happy Smile Again
9.くちづけ
10.僕はここにいる
11.プギウギ
12.幻
13.心の花を咲かせよう
[bonus track]
14.帰りたくなったよ
-acoustic version-
この作品を購入する
<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
更新更新…
毎日が早いね…

前回の更新からこれまたいろんなことしていろんなトコ行きましたね。

まずビナウォーク。

c0098748_2365550.jpg


みんな寒い中来てくれてありがとん◎

ライブ終了とともに雨が降ってくるっつう奇跡的な現象も起きましたな。ギリできてよかった。

んでもって、どん。

c0098748_2413286.jpg


これ柏の公開放送の裏道=関係者以外は通れない道。

なのになんですか、この凝りに凝った、でざいんさぶる?な裏道は!?

近未来を歩いてるようで写メってまいました。

んでもってどん。


c0098748_2415944.jpg


はい、うちのボーカル吉岡です。
名古屋ライブ後ホテルへ移動中の車中にて。

頭髪以外は本物です。

個人的にはこっちのビジュアルの方がプロモーションの効果肥大に絶好の足がかりになると確信しておりますが、会社的には今の方が良い、とのことです。

業者のみなさん、おまんじゅう向き面構えのボーカルです。安倍晋三まんじゅう、そのまんま知事まんじゅうに続いては是非「吉岡きよ桜まんじゅう」で…

最小限のリスクで最大限の効果を……
[PR]
by ikimonogakari3 | 2007-03-21 02:53
四日…
経ってしまったね、アルバム発売から。。。
いや、早い早い。
みんな手にしてくれたかな?
聞いてくれたかな?

無事何事も無く、リリースまで辿りつけました。ほっ。

もうこうなったらね、早よ2ndアルバム出したいね。
正直一枚目出来上がってみて「これから先もまだまだやれることだらけやな〜…」と思ったり。
もうあれです、30曲くらい入ったアルバム出してぇ…。

なんつって。

曲書くの楽しいんだもん♪

まだまだ一枚目、されど一枚目、感無量ですね。
日の目をようやく見る事ができました◎
c0098748_2093364.jpg


んでもって明日ビナウォークじゃん。

楽しみです。

晴れておくんなまし(><)
[PR]
by ikimonogakari3 | 2007-03-10 20:10
ぬあ〜〜!!!
ここんとこなかなかブログ更新できんかったぁ(><)
みんなごめんご〜〜(><)
また実家の親父に「そろそろ更新しろ」って怒られる〜〜(><)

はい。つうことで、今日はいろいろ書いちゃおうかな。

さっきね、岡山から帰還いたしやっした◎しかし、あれやね、新幹線は品川から発着可能になってべらぼーに便利になったね。
と、遅ればせながらつぶやいてみたり…

FM岡山公開フリーライブ&トーク収録に行って参りました。来てくれたみんなありがとう。
香川なんかあたりから来てくれた人たちもいて、嬉しかったですわ♪

約束したから載せなきゃね、写メ写メ。
どん。

クレド岡山どん。


c0098748_0483425.jpg


こんな感じ、ふろむすてーじ。

ビナウォークみたいでした♪

今週末はいろいろございました。

金曜日は、おれと良樹の母校神奈川県立厚木高校と、キヨエの母校、神奈川県立海老名高校の卒業式にサプライズライブに行ってきたねん。

まさか自分が高校卒業するとき、六年後に同じ体育館で演奏することになろうとは、一体誰が想像しただろうか。。。。みたいな(^^;)

卒業式、いいですね。高校生、いいですね。

もうね、みんな目が輝いとったよ。

ちょっとだけ、羨ましかったよ。

そうやってみんな一人一人「自分」を創ってゆくんだねぇ。

これを読んでくれている今年卒業のみんな、おめでとう☆

入学して三年、(時に四年、ときに六年、稀に八年?)が経ってその何年を思い返すでしょ?

新しく入ってくる新入生や後輩達を見て「いいなぁ…はぁ〜卒業か〜」なんて愚痴ったりしてみてるそこの君。
そんな風に思える三年間(ときに四年、ときに六年、稀に八年)に誇りを持ってくださいな。
それだけ意味のある時間を過ごしたという確たる証拠がその「愚痴」です。

始まりがあれば自ずとやってくる「終わり」。

ならば次のステージの「終わり」の瞬間に、またそんな「愚痴」を残せたらいいのです。

ルールは自分の物差しで。

いつの時代の「自分」にも誇れるあなたでいられれば、きっとそれが正解です。

幼い頃の自分ともしも出会ったときに、しゃんと胸を張れる自分でいられること。

十年、二十年、三十年後に「今」の自分と出会ったとき、しっかりと胸を張れるような年齢の重ね方をしたいでしょ?

だから、卒業生のみんなにもあの輝いた瞳や感情をいつまでも胸に残していって欲しいな。

大丈夫、身体は徐々に年齢を重ね、老いていくけれど、精神や感情は永遠に衰退はいたしません。


だから、リラックスして、次のステージをめいっぱい羽ばたいて下さいな(^0^)

また一歩大人になって、また一歩、出来る事っての確実に増えていくのだ。




そしてまた一歩「しなきゃいけないこと」も増えていくのだ…



c0098748_116473.jpg

[PR]
by ikimonogakari3 | 2007-03-05 01:22